avexのエンタメを通して 自分のなかにある「 叶えたい 」を育む

  • 2020.1.25
  • お知らせ
avexのエンタメを通して 自分のなかにある「 叶えたい 」を育む

白熱するパフォーマンスで日本を沸かせるトップアーティスト
『 EXILE 』『 三代目J SoulBrothers 』 

国民を熱狂させ、世界に名を馳せている
『 SKE48 』 

そして、誰もが一度は聞いたことがある
『 AAA 』『 浜崎あゆみ 』『 東方神起 』『 三浦大知 』等の名だたる方々。 

今回のイベントでは、そんなトップアーティスト を生み出し続ける avex の方にお越しいただきます。 

参加者と共に、avex の裏側に生々しく迫っていきます! 

さあ、そんなスペシャルイベントの幕開けです…! 

1.avexの裏側を覗く 

「 avex = アーティスト所属事務所 」と思われがちですが、実はやっていることは本当に様々。 

**-カラオケ × ドリンクー **

こちらは差し入れで、avexが売り出している「歌がうまくなるドリンク」を頂きました(^^)!

このようなドリンク開発も手がけていること、皆さんはご存知でしたか? 

さらに、avexのエンターテインメントは留まることを知りません! 

**-アニメーション × エンタメ- **

2020年の東京オリンピックに向け ますます訪日外国人が増えています。そこで、文化や食など日本独自の「体験」に焦点を当てたのが、avex。日本を訪れる様々な人たちに向け、アニメソングとクラブ・カルチャーの魅力を融合させたプロジェクト、『OMOTENASHI BEATS』が始動! 

**-忍者× エンタメ- **

最先端のテクノロジーと日本の伝統・文化が融合した次世代ショー、「 忍者 × AR 」の新発想で、幻想的なパフォーマンス。新感覚ARが織りなす未来のライヴ・ステージを演出しています。 

**-花火 × エンタメ- **

東京に凱旋した“感覚拡張型エンターテインメント”、STAR ISLAND 2019。「 花火 × パフォーマンス × 最先端テクノロジー 」が感覚を拡張し、パラレルワールドに誘われるエンタテインメント体験を1万5000人に魅了します。

非常識かつ他人から「おかしいんじゃないの?(Mad)」と思われることも真摯(Pure)に追い求め、世の中にマジで!?(Really!)を届け続ける集団。avex。

だから、ここに集う人たちはそれに共鳴し、「Mad+Pure」な行動を体現しなければならない。 

「Mad+Pure」な行動を体現し続けていっている、avexだからこそ成し得るエンターテインメントだということが改めて分かります。 

参加者は、これらの映像を動画で拝見し 

avexが実現させる「 テクノロジー × エンタメ 」の世界観を目に焼きつけます。 

2.「 叶えたい 」をうんと 考え抜く 

avex の「Really! Mad+Pure」という理念を踏まえて
「Mad+Pure」な行動を体現するために、まず一人ひとりが「叶えたいこと」を持つことが大事だとしています。 

そこで、「自我欲求妄想」をすることに! 

「エンタメで、あったらいいな こんなこと」を考え抜いていきます。 

まずは自分で考え、その後 班のメンバーに共有。
そこで出た1番面白いものを発表していきます。 

参加者の「Really! Mad+Pure」とは、どのようなものなのでしょうか…。 

まず出てきたのが、「 合コン × VR 」のエンタメ。各々が好きなアーティストやキャラクターと合コンが開催できるというもの。非常に学生らしい(?)面白いアイデアですね。 

次に出てきたのが、日本の良さを伝える「 忍者 × エンタメ 」ならぬ「 相撲 × エンタメ 」。 

さらに、より面白い教育を実現させるために「 学校 × エンタメ 」を施したいという声も上がります。 

ここで学んだことは、既存のものに ” 独自性 ” というちょっとしたスパイスを加えることで 笑顔 や 人の心を動かす感動は創れるということでした。 

また、「 叶えたい 」を追求することが新しい価値を生み出すうえで重要になってくるのではないでしょうか。 

最後に avexの方が語ってくださったのが、参加者である学生たちに対する想い。 

「 次世代をつくるのは、10代、20代のあなた達。将来、どういう日本を世界をつくっていくかはあなた達です。だからこそ、今叶えたいことに向けて思いっきり行動に落とし込んでいってください!」 

この言葉を受け、参加者一人ひとりが想いを巡らせ 怒涛の2時間は幕を閉じます…。 

いかがでしょうか。 

「あったらいいな、こんな世界」はあなたにありますか?
それはどのような世界ですか?
また、どうしたら実現可能にまで落とし込めるでしょうか? 

このワクワクを形に残していくために、” 今 “ 何をしていきますか…?
是非、一度考えてみてください。 

では、また次回お会いしましょう! 

🔻スケマネ HP🔻
http://scale-management.cfz.co.jp/

🔻スケマネ Facebook🔻
https://m.facebook.com/sukemanePR/

🔻スケマネ Twitter🔻
https://mobile.twitter.com/scalemg_pr