成長速度が3倍上がるタイムマネジメント・アクションマネジメントとは?

  • 2020.2.1
  • お知らせ
成長速度が3倍上がるタイムマネジメント・アクションマネジメントとは?

超効率的な逆算術を知り尽くし、マネジメントスキルを向上させたい方必見! 

今回のイベントではなんと… 

「 ビジネスメール教育のプログラム開発」
「 Webマーケティングの戦略立案 」
「 出版プロデュース 」

など多岐に渡ってご活躍する、**日本唯一のメルマガ専門コンサルタント **

平野 友朗 さん にお越しいただきました! 

Kachinuku Shusyoku~成長速度が3倍上がる!一流ビジネスパーソンも備える『タイムマネジメント術』~ 

学生25名限定の当イベント、今回はどのような学びが巻き起こるのでしょうか…。 

さあ、超特別イベント これよりスタートです! 

1.タイムマネジメント術ー自分のポジションからの逆算

現在は 株式会社 アイ・コミュニケーションをご経営している平野 さん。 

“ビジネスメール”の書き方をはじめとするコミュニケーションに関する教育事業を行いながら、1,000回以上のメディア出演や『仕事を高速化する「時間割」の作り方』をはじめとする28冊の著書を出版。 

これらの活動を通して次世代ビジネスパーソンの育成に励んでいらっしゃいます。 

そんな平野 さんも、新卒採用で入った「THE・体育会系」の不動産会社では ゴリゴリの営業を任されるものの、ご自身の性格に合わずに気が滅入っていたそうです。 

そんな時、コンピュータの操作が周りよりも秀でていたために感謝されることが多かったそう。
このご経験から、どこの会社でも『自分のポジションを決めれば強い』ということを痛感します。 

そこから、ご自身の『強み』と『ポジション』を考え抜き、起業。日本唯一のメルマガ専門コンサルタントとして、ご活躍されています。 

ここで、「どうしたら唯一のポジションになれるのか」の逆算思考を参加者へ伝授してくださいます。 

『日本唯一のメルマガ専門コンサルタントとして、世のなかの人に認知してもらいたい。』 

**『じゃあ、そのために今の自分がするべきことは?』 **

と考え抜いた上思い浮かんだのが、メディア出演と本の出版。 

現在では、1,000回以上のメディア出演や『仕事を高速化する「時間割」の作り方』をはじめとする28冊の著書を出版しています。 

さらに、大事にしているのがセルフブランディングに対する『一貫性』。 

相手へいかに強力な印象を残すか。それは、一つの強みを強調し言い続けること。
キーワード設定をするにあたり、どのように訴求させ自分を印象付けられるかが肝なのです。 

自己紹介1つをとってみても『自分自身をどのような人にみせるか』を意識すると全然違います。 

例えば、当イベントの参加者であだ名がラーメンという人がいました。 

その人が、「週に5回はラーメンを食べる程のラーメン好きだ」という自己紹介をすれば、周囲の人間はその人のことを「ラーメンの人」と認識しますよね。 

なぜなら、「週に5回もラーメンを食べる人」なんて、なかなか周りにはいないから。笑 

このような強烈な印象によって、後日おいしいラーメンを食べた際には「この前会ったラーメンの人にラーメン紹介しようか」となる確率は高まります。 

”「ラーメン」といえば、あの人!!” 

と、瞬時に連想できるような印象構築。 

これほどのインパクトを自己紹介で残せたら最強ですね。
人生で最も行うプレゼンテーションこそ、自己紹介。となれば、この自己紹介をするときの意識はだいぶ変わってくるのではないでしょうか。 

このような将来なりたい像を踏まえたうえでの逆算思考は、キャリアプランを考える上で非常に重要になってきます。 

2.アクションマネジメント術ー価値観からの逆算

そしてこの逆算思考から、アクションマネジメントの方法についてご教示してくださいます。 

「意義のある時間を自分で生み出すために必要なことは、自分の時間をいかに取捨選択しやりたいことをやる時間に割くか」がポイントだとおっしゃる平野さん。 

例えば、普段履く 靴下。 

平野さんは、『靴下を選ぶためにかける時間』を捨てて全部同じメーカーの同じ色を何着かそろえているそうです。すると、そこにかける時間は0になり、「時間を目いっぱい割きたいアクション」に回せる時間が増えていくのです。 

「時間をなるべくかけたくないアクション」をいかにとらないかが重要だということを学びます。 

さらに、年や月単位でやると決めたことを携帯にメモしてその日に表示させているそうです。例えば、ケータイは2年に1回この日に買い替える。そうすることで、考える時間を圧倒的に減らせるだけでなく「そういえばこれはいつまでにやらなくてはいけないんだろう?」という疑問や不安を解消することにもつながります。 

**「このようなタイムマネジメントのための行動を一つひとつ丁寧にしておくことが、将来の自分を楽させてあげられることにつながるんですよね。」 **

と仰る平野さん。この学びを参加者全員が行動に落とし込んでいけるよう、さらなるステップを踏んでいきます。 

ここで、グループワークに移り 自分たちで”仕事とは何か”を定義付けしていきます。 

①『 仕事には○○がある。=○○がないものは仕事ではない。』 

②『仕事には求められる○○がある。=○○が足りないものは仕事ではない。』 

この○○の部分を一人ひとりが考えアウトプットしていきます。 

皆さんには、何が当てはまりますか? 

①で出てきた意見として、**報酬・期限・目的・愛 **

②で出てきた意見として、質・数値・効率・情熱 でした。 

これらには、決して正解はありません。だからこそ、自分の正解を見つけることが重要になってくるのです。 

ここから、一人ひとりが、それぞれ違う価値観に沿ってキャリアプランをたてることの重要性を学びました。 

最後に、平野さんご自身の仕事に対する定義をお伝えしてくださいました。 

それは、仕事には【期限】があり、求められる【質】がある ということ。時短と質は二律背反なので、仕事の期限を決めることが質を決めることでもある。だからこそ、その仕事に求められている質を見極めてから、そこにどれだけ時間を費やすのかを検討していきます。 

その折り合いをつけた期限に逆らってはいけない。 

よくあるのが、求められた質に到達したのに、自己満足でさらに高めようとしてしまい予定よりも時間をかけてしまうことです。それにより、他の仕事に時間がかけられず求められた質に到達できないというミスをしないため。 

このようなミスをなくすためにも、その仕事にどれだけ時間をかけるか予定して、その時間内でやり切ることが大切になってくるのです。 

いかがでしたか? 

限りある時間。
だけど、誰にでも平等に与えられる時間。 

時間は人生そのものである という捉え方もできますね。 

あなたは時間をどのように使っていきますか?^ ^ 

そして、そんな時間を『大切に』使っていくため、逆算思考から紐解くタイムマネジメント術。そのプランを立てていくための自分が持つ価値観。 

これらを考え抜くことこそが、限られた時間をいかに充実させるかのカギになるということを学ぶことができました。 

それでは、また次回もお会いしましょう(^^) 

🔻スケマネ HP🔻
http://scale-management.cfz.co.jp/

🔻スケマネ Facebook🔻
https://m.facebook.com/sukemanePR/

🔻スケマネ Twitter🔻
https://mobile.twitter.com/scalemg_pr