” 就活生2万人” に講演したプロ講師がぶっちゃける!『 就活を攻略する秘訣 』と『 社会人1年目から圧倒的に成長するための心構え 』とは

  • 2020.2.23
  • お知らせ
” 就活生2万人” に講演したプロ講師がぶっちゃける!『 就活を攻略する秘訣 』と『 社会人1年目から圧倒的に成長するための心構え 』とは

『 リクナビ 』『 ホットペッパー 』『 SUUMO 』『 Town Work 』『 じゃらん 』
非常に有名なこれらのWebアプリ。

実は、すべて「 リクルート 」のサービスなんです!

画像1

人材業界 ” 首位 ” の圧倒的な実力を持ち、就職活動生にも絶大な注目を集める人気企業、リクルート。

そうです、今回のイベントでは なんと !!

” 世界No.1 ” の求人検索エンジン「 indeed 」を運営する 現役リクルートグループ所属の渡辺(わたなべ) さんにお越しいただきます!

Kachinuku Shusyoku ~ ” 就活生2万人” に講演したプロ講師がぶっちゃける!『 就活を攻略する秘訣 』と『 社会人1年目から圧倒的に成長するための心構え 』とは~

20200223_リクルート

さあ、そんな 超有名企業の方がご登壇する 特別イベント スタートです!

「 リクルート流 」就活攻略 第1STEP!― ” 就活生2万人 ” に講演実績を誇る プロ講師への道のり

画像2

渡辺さんは小学5年生から中学3年生までの5年間は不登校少年だったのだとか。今となっては講師として人前に立つことがっ足り前になるくらいのコミュニケーションスキルが必要な仕事をこなしてきましたが、当時は人と話すのがとてつもなく苦手で次第に学校へ行けなくなってしまいます。一念発起して入学した高校は偏差値30のヤンキー校

そこで仲良くなった先生に将来の相談をしていくなかで「人に影響を与えられる先生になりたい!」と先生になるために大学に入ります。

大学に入ってから変わったのは、『先生は生徒の相談に乗るだけが仕事ではない』ということ。となれば、就活支援に特化した職種としては違うのではないかという疑問が生まれます。

そこで見つけたのが就活サイトで有名だったマイナビ。

画像3

「ここでなら、就活生に対してダイレクトに講師として教えられる!」と。

こちらで、年間200回以上の講演をこなしていきます。

マイナビ入社後、1番最初に始末書を書いたことで有名だったのが、渡辺さん。1年目は悔し泣きをすることにおいても1番多かったと仰ります。

「モチベーションが下がる時期ももちろんあった。でも、右も左もわからない学生に対し” 進路選択を与えられるプロになりたい ”という想いがあったからこそ乗り越えられたんですよね。」

課長昇進の話を蹴って、現在はリクルートへ。「” 就活のプロ ”という肩書きを得たものの、仕事をしていく中で価値観が変わってきた」と転職を決意します。

それは、” もっと大きなものを動かしてみたい ”という想いからでした。

なので現在は、企業コンサルタントとして企業の活性化に貢献していたりオンラインサロンを運営していたりと、多岐にわたってご活躍されています。

画像4

そんな” 就活のプロ講師 “ 渡辺さん より、『 就活を攻略する秘訣 』『 社会人1年目から圧倒的に成長するための心構え 』をお届けします!

「 リクルート流 」就活攻略 第2STEP!就活を攻略する秘訣

2016年、就職先内定数は1.81社と言われています。この数字、多いと感じますか?それとも少ないと感じますか?

実は、就職氷河期ですら1を切ることはなく、「職がない」ことは決してありません。

しかし、自分で明確な軸がないと、誰にでもできるような能力しか発揮できないと、リストラされることには変わりありません。

画像5

実際、現在は『インターンシップ優位』だとも言われており、大学2年生がインターンをしているのも珍しくはない状況になっています。ここから、内定を得ることも珍しくはありません。

就活自体も、3月一斉スタートだと表向きは言われていますが実際は前倒しにどんどん内定はとれるのです。

これから訪れる時代…。それは、前代未聞の『 短期決戦時代 』

そう。いかに早く就活を終わらせるか。
これを聞いたら就活に対して身構えてしまいますよね。
では、焦る前に何をやっておけばよいのか?

それは…

・志望企業のリストアップ
・選考対策
・アウトプットの機会を作る
・就活に対する行動量を増やす
・就活に通じてキャリアの軸を作る などなど…

手段としては様々ありますが、『人生一度きりの新卒ブランド』をどのように使うかはあなた次第です!

ここから、「就活の成功とは?」を考えます。

いろんな意見があるなかで、やはり就活の成功は自分の中にあります。そこにいかに向き合えるかが全て。

そこで最も重要なのが「ポータブルスキルをいかに身に着け論理的に伝えられるか」

ポータブルスキルとは、再現性の高い持ち運び可能なスキル。このスキルをいかに論理的に面接官に伝えられるかがカギになってくるのです。

「イベントを主催しました!」「サークルの部長をやっていました!」という経験が大事なのではありません。その経験をこの仕事のどの部分にどのように活かせるかなのです。

画像6

「 リクルート流 」就活攻略 第3STEP!―社会人1年目から圧倒的に成長するための心構え

ここから、3つのグループワークに移っていきます。

1つ目に、4技能10項目から成る「自分の強みを考える」フレームワークをもとに過去の経験を深掘りしていきます!

画像7

2つ目に、キャリアデザインを『 Will(何がしたいか) 』『 Can(何ができるか) 』『 Must(何をすべきか) 』に分けて考察していきます!

画像8

3つ目に、「できる軸」で仕事をしたいか「好き軸」で仕事をしたいかを考えていきます。

画像9

しかし、ここで思うのが「自分のできることとは何なのだろう…」ということではないでしょうか。『 自己評価 × 他者評価 』で考えてみることが重要だと渡辺さんは仰ります。

自分ではできないと思っていたことが周りの人から評価されてはじめて気づくこと、多いのではないでしょうか。

画像10

最後に、「 企業はどのような人材を求めているのでしょうか 」という言葉を参加者に投げかけます。

そのような人材になるために重要なのが、得た経験やそこから紐解く価値観からライフストーリー、キャリアプランを立てていくこと。

「自分は何をやりたいか」「何ができるか」をこれから本気で考えていくこと。

新卒採用者が言う「どのような働き方が理想か」では、『楽しく働きたい』という声が最も多い。その中で、では、楽しんで働くとはなんなのか?

一つひとつ丁寧に紐解いていくことが「就活の成功」に近づいていくのです。

就活と本気で向き合う怒涛の2時間で行われるイベントは幕を閉じます…。

いかがでしたか?

皆さんも、自分の定義から成る就活の成功に一歩でも近づくよう、今から本気で取り組んでいってみてください。

画像11

スケマネでは、一流ビジネスパーソンに登壇していただき一流のビジネスマインドを学ぶイベントを【 毎週 】開催しています。しかし、まったく同じイベントは二度とありませんのでお見逃しなく!

イベント情報は以下のFacebookページに掲載しますので、是非ご覧ください。

では、また次回もお会いしましょう!

🔻スケマネ HP🔻
https://scale-management.co.jp/wp_2020/

🔻スケマネ Facebook🔻
https://m.facebook.com/sukemanePR/

🔻スケマネ Twitter🔻
https://mobile.twitter.com/scalemg_pr