人生における 20歳 は、一日における 朝6時。君は何時に目覚めるかい?

喜多埜 裕明

人生における 20歳 は、一日における 朝6時。君は何時に目覚めるかい?

これは「 孫 正義 」が、大学生の皆さんと同じくらいの時に言われた言葉だと教えてもらいました。

人生が約80年間だととすると、20歳は人生の1/4。1日に置き換えて考えると、24時間の1/4の時間帯ということで、朝の6時の時間帯を生きているということになります。

何時に起きるかって、想像以上に一日の充実度に関係していますよね。だから大学生の皆さんにお伝えしたいことは、今のこの時期を本当に大切にしてほしいということです。何に使おうが手段はいくらでも選べます。ただ、それが本当にあなたにとって、大切なことなのか。そして、自分の中にある本当にやるべきことに気づき、それを清々しいくらい真っすぐに取り組み始められたとき、いい朝が始まっていくのを実感できるはずです。

喜多埜 裕明

経営者
  • 元ヤフー 取締役最高執行責任者
  • 元ソフトバンクモバイル 取締役
  • 元ソフトバンク・ペイメント・サービス 代表取締役副社長
  • 元ソフトバンクホークスマーケティング 取締役